いい樹脂の日出展(2017年11月9-11日)


こんにちは。

学部4年の石垣です。

11月9~11日に東京スクエアガーデンで行われた「いい樹脂の日」にて展示を行いました。

今年は「もしもプラスチックがなくなったら・・・」というテーマで開催され、

いかに我々の生活がプラスチックに支えられているかを実感させられました。

 

古川研究室では、「3Dプリンタを利用した新しいものづくり」と題して、3Dプリンターで造形した義手や臓器モデルなどの展示を行いました。

ご家族で来場された方もいたため、展示物のほかにも3Dプリンターの実演も積極的に行いました。

また、研究室の紹介を兼ねてポスターでの研究発表も行い、

「3Dゲルプリンター」や「食品3Dプリンター」など樹脂以外のものにも興味を持ってくださってとても嬉しかったです。

今回は樹脂に関係のあるものを展示しましたが、機会があれば食品3Dプリンターなども展示したいなあと思いました。

 

最後に、古川研究室のインタビューをYoutubeにUPしています。

ぜひご覧ください!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*