カイギュウの化石レプリカ作製2


こんにちは。研究員の齊藤です。

県立博物館の化石レプリカ作製について報告します。

ヤマガタダイカイギュウの頭骨レプリカは完成しました。

分割して3Dプリントしたものをつなぎ合わせる様子は、県立博物館のtwitterで公開されています。

 

ヤマガタダイカイギュウの次はアイヅタカサトカイギュウの頭骨を同じ石膏3Dプリンタで作製しています。

石膏3Dプリンタで作製したものはそのままだと強度が不十分なため、接着剤を浸み込ませます。

大きいモデルなので、この作業に時間がかかります。

こちらがアイヅタカサトカイギュウのレプリカの部品です。

ヤマガタとアイヅタカサトの種としての違いは、歯を見るとよく分かるそうです。

9月から始まる企画展で手に取って確認してみてください。