【2019年11月7日】エンジニアリング創成


今日(11月7日)前半はPythonの勉強とクラゲのパラメーター化をしました。

Pythonでは基本的なⅭ言語とPythonの言語の違いと意味を学びました。

クラゲのパラメーター化はx,y,zの三軸の値を変えることで、自分好みの形を作成できるようにしました。

x,y,zの値を変えるだけで、同じプログラミングでも形を変えることができるようになりました。

後半はゲルクラゲの印刷と照射時間を変えた高さが5㎜、半径3㎜の円柱でゲルの透過率と圧縮強度を調べました。

ゲルクラゲはフライドエッグジェリーフィッシュというクラゲをモチーフにしました。

CADデータはこちらになります。

透過率と圧縮強度の測定では一層当たりの照射時間は15秒と20秒の円柱で計測しました。

15秒の円柱

20秒の円柱

15秒の円柱は透過率が40%で20秒の円柱は透過率が80%になりました。今回は、サンプルの固定が上手くできず正しい測定ができませんでした。試験片形状を工夫する必要がありそうです。

圧縮強度は、500Nまで測れる圧縮試験機で測定しましたが、どちらもかなりの強度があり、こちらの機械では破断点まで到達できませんでした。

どちらの試験でも正しいデータを測定できず、とても残念でした。来週には、良い結果が出せるようにしていきたいです。

 

来週の予定

試験片の作成と、本物のクラゲのデータとり、印刷したゲルクラゲの観察